シアリスの通販事件簿

シアリスの通販事件簿

ED治療薬として有名なバイアグラやレビトラ、そしてシアリスが挙げられます。近年、通販サイトを利用してこれらのED治療薬を個人輸入する方が増えてきていますが、偽物や悪徳サイトも数多くあり利用する上で注意が必要です。

シアリスの偽造品による健康被害

シアリスの偽造品による健康被害には気をつけなくてはいけません。正規のシアリスを入手すればそのような被害は絶対に出ることはないのですが、間違って偽造品を手にしてしまうと後遺症が残ってしまうくらいの酷い健康被害にあうこともあるので注意が必要です。
そもそも、シアリスに関する正規品と偽造品というのはどのような意味なのでしょうか。元々、シアリスというのは日本国内の病院で入手することが出来るものであるため日本国内の病院でED治療薬として処方された薬に関しては絶対に偽造品はありません。病院に存在しているシアリスは、国の認可を得て正規のルートで入手しているものです。先発医薬品として開発された薬をそのまま患者に対して提供しているので、薬の成分に関して間違った要素が存在する理由がありません。また、病院で処方してもらうことが出来るED治療薬はシアリスに限定しているわけではなくほかの薬もあります。こうした薬も全て認可を受けて提供しているので、この点に関しては安全性がきちんと保証されています。
問題なのは、こうしたED治療薬を海外から輸入して服用することを考えるときなのです。なぜそのような人がいるのかというと、実は日本国内のED治療薬には費用の控除にあたる保険の適用が全く無いからに他なりません。保険の適用を受けることが出来るのは後発医薬品として販売できるくらいに先進的な技術力が開発されてからです。世界的には当然になっているED治療薬のジェネリックも、日本国内ではまだまだ開発が遅れているので日本国内でジェネリックを入手することが出来ないため保険の適用もありません。そのため、安さを求めて海外の輸入に依存する人が少なからずいるのです。シアリスの偽造品によって健康被害に陥らないようにしましょう。

シアリス偽造品を見分ける方法

日本で購入するシアリスに偽造品は含まれていません。日本で正規のシアリスを手に入れるためには専門のクリニックで問診を受けるしかないからです。そもそも、シアリスのようなED治療薬と言うのは勝手に販売されているわけではなく国の認可を受けて正規に販売しています。そのため、こうした方法で販売していない薬は違法な手段で販売していることになります。
しかし、こうした国の認可を受けた方法で取得する以外でも個人輸入に頼った方法で入手をすれば違法な方法で入手した手段とは言えなくなります。確かに、海外から薬を勝手に仕入れてそれを日本国内で販売する行為は違法なのですが、海外から取得した薬を自身の身体のために使うことは違法ではないため、海外で販売されているジェネリック医薬品のシアリスを服用することも可能になっているのです。そして、日本国内のクリニックで入手できる薬と異なって個人輸入に依存する取得方法では偽造品が含まれていることがあるため注意をしなくてはいけません。元々、日本のクリニックで取得するときには保険の適用が無いように海外のジェネリックに関しても自己責任と自己負担で薬を入手しなくてはいけません。ED治療薬と言うのは日本国内では一般市場で流れていないのですが、海外の市場では当たり前のように販売されていますので偽造品が混ざってしまう可能性が上昇することになります。発展途上国などで売られている場合には日本のように薬をきちんと見分けたり管理するシステムが確立されていないので、偽造品のジェネリックがそのまま日本国内に入ってきてしまうこともあります。
こうしたことに巻き込まれたくない人は、偽造品が絶対に入っていない日本の病院で処方してもらうことが大切なのです。

シアリスを扱う通販サイトの選び方

シアリスをネット通販で買うと、処方箋が不要ですし、病院処方よりも安く手に入ったりするのがメリットです。
しかし、中には悪徳業者が仲介しているケースもありますから、業者選びには慎重になる必要があります。選びときのポイントは、通信販売などの取り決めについての特定商取引法に従っている業者かどうかをチェックしましょう。サイト運営サイトで業者の情報が公開されているかを確かめます。会社の名前、住所、電話番号(固定電話)、責任者の氏名、などが書かれているかをチェックします。中には携帯電話で個人的に連絡をとっている業者もありますが、固定電話でないと連絡がつかない危険性があるので、固定電話の番号かどうかを確認しましょう。
商品と代金の受け渡し、注文から販売までの流れがわかりやすく書かれていると安全です。何かトラブルがあったときに、どこで問題が起きているかが一目でわかるからです。
個人輸入代行業者はあくまでも販売業者と購入者の仲介であり、中身については責任をとってくれません。偽のシアリスが入っていたとしても、業者では責任をとってくれないということです。
悪徳業者は販売のみが目的なので、責任の所在についてしっかり説明していないことが多いです。シアリスを買う前には、責任は自己責任になること、トラブルがあった場合にはどのような対応が受けられるのか、もしくは受けられないのか、などを確認しておくことが大切です。
また、使う前には現在飲んでいる薬との飲み合わせが悪くないかをチェックしておきましょう。硝酸剤、降圧剤、などは併用禁忌になっていますし、薬の処理能力が落ちている腎臓疾患をもっている人も使うと危険な場合があります。

■バレない治療法
カマグラが通販で購入できる