シアリスの通販事件簿

ED治療薬として有名なバイアグラやレビトラ、そしてシアリスが挙げられます。近年、通販サイトを利用してこれらのED治療薬を個人輸入する方が増えてきていますが、偽物や悪徳サイトも数多くあり利用する上で注意が必要です。

EDの診療の様子とシアリスの情報集め

ED(勃起障害)の診療の流れは、受付で問診票ももらい、現在の悩みを記入することから始まります。診療を受けないとシアリスなどの薬は処方されないことになっているので、必ず診察を受ける必要があります。
問診票に記入したら医師の診察に入ります。このとき、下着を脱ぐ必要はありません。ペニスの変性などがあれば脱ぐ必要がありますが、それ以外では話すだけで診察が受けられます。医師と話す内容は、現在の状態、飲んでいる薬があるかどうか、などです。心が病んでいるなど心因性の症状がある場合には、その医療機関で診療を受けるか、他の診療科の受診を勧められるケースもあります。心を診てくれるのは心療内科や精神科です。
必要に応じて血液検査などを行い、あとは問診票と検査結果に応じて医師がシアリスを処方可能かどうか判断します。処方出来ない場合には、改めて他の選択肢を考えていきます。治療薬は基本的に1錠から処方可能になっているので、まずは気軽に相談してみると良いでしょう。
病院処方以外では、ネット通販で海外から個人輸入するという入手方法もあります。こちらは処方箋が不要でいつでも注文できるのがメリットですが、安全な業者の情報を集めるのに苦労する可能性があります。普通は個人輸入代行業者を介して購入するのですが、業者の信頼性を見極めるためには情報を集めて判断しないと危険です。情報を見るには、医薬品取り扱いをしている業者の比較サイトなどを参考にすると良いでしょう。業者はなるべく経営実績の多い所を選びましょう。返品保証や正規品取り扱い証明書などがある業者だと安心です。
シアリスは世界中で人気なだけあって、偽物が出回っていますから、気をつけましょう。